ホーム » 期待が高まるエンジニアのダブルワーク

期待が高まるエンジニアのダブルワーク

ダブルワークをするエンジニアが多いのは、それだけITスキルが広く求められているからといえるでしょう。数時間でもいいから働いて欲しいなどといわれること自体が、それだけ能力の高さを物語っています。
そもそも、ダブルワークができるのは、個人事業主を除けば副業や兼業などが認められている企業に限ります。働き方改革による、働き方の多様性などが認められることを追い風にしてダブルワークを推奨するような企業も次々と登場してきました。テレワークや在宅ワークなども含めてダブルワークに対する期待感も増しているといえるのではないでしょうか。

ダブルワークをする際の留意点としては、個人情報の取り扱いなどが挙げられます。他の企業で知り得た個人情報や機密事項などを他の現場に持ち込むことは許されません。万一、個人情報を流出してしまうことになれば、大きな問題に発展することにもなりかねません。
エンジニアとして、本業とは別に仕事を掛け持ちするならば、メリハリをしっかりとつけることが必要です。ついついやうっかりなどがないように、緊張感を維持しなければなりません。
また、ダブルワークをするのであれば、自らのタイムマネージメントをすることも求められます。いくら、ダブルワークを認めてくれる寛容な会社であっても、最低限の規則やルールは守らなければいけません。
ダブルワークをしているからといって特別扱いされることはないと思うことも大事です。周囲のスタッフからの信頼を勝ち得ることが何よりも大切なことかもしれません。